DX活用による人探し

DX(デジタルトランスフォーメーション)活用について



弊社は、2022年3月DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用した人探しシステムを導入致しました。
これによりアナログデータをデジタル化(デジタイゼーション)し、データとデジタル技術を活用した検索が瞬時に可能となりました。

今や人探しは、足で探す時代ではありません。

アナログデータのデジタル化により、旧来曖昧な氏名や住所エリア等の情報から氏名のイニシャル、類似性等の傾向を細分化し、お客様が要望される情報を的確に提供できます。

アナログデータとDXデータ検索




※同窓会
※車・家電等物品購入記録
※宅配記録
※ライフライン
※通院記録
従来の検索では、上記様々なデータを目視で確認。




氏名のイニシャル、生年幅、全国に於いて類似データを抜粋。
浮上したデータから関連情報を元に瞬時に特定可能。


DX化により、従来目視に頼っていた検索が、氏名の類似性や動向、
年齢幅、通販利用頻度、地域スーパーでの決済、趣味・嗜好等の傾向を細分化し、瞬時に割り出しが可能となりました。

従来様々な情報を一元管理することにより、時間の手間や検索不備が解消され、曖昧な情報がより鮮明な情報へと変換されます。

人々が生活する上で、あらゆるシーンに於いての記録が鮮明な形で浮上します。